株式会社アート

0120-33-5662

  • 会社案内
  • 資料請求
安心保証
コストパフォーマンス
家づくりのながれ
参考プラン&価格
長期優良住宅
地震に強い家
大切なパートナー選び
お客様の声
よくあるご質問
お電話でのお問合せ/フリーダイヤル0120-33-5662
資料請求
 





CREATIVE PLANNING ART
………………………………………
株式会社アート
〒597-0083
大阪府貝塚市海塚241-1
TEL.072-433-1618
FAX.072-433-1628
………………………………………
定休日/日・祝日
営業時間/8:30〜18:30
定休日、営業時間外のご相談も事前に連絡下されば可能です。
お気軽にご相談下さい。
 
Q&A

 
Q
自分の要望はどこまで取り入れてもらえるの?
 A
お客様のご要望を全てお聞きする事から始まります。 お客様のライフスタイルを十分ヒアリングする事が、 住まい創りの第1歩だと考えています。 独自のチェックシートをもとにお話しを伺います。


Q
対応可能工法は?
 A
地震に強い木造最強:SE構法、安定した品質と強度でコストダウン:HJS工法、標準工法:木軸在来工法
100年続く快適住宅を目指す当社では、SE構法を自信を持っておすすめします。   


Q
アートは何年前から営業してますか?
 A
1990年有限会社アートを設立し、1993年株式会社アートに組織変更致しました。
詳しくは「会社情報」をご覧下さい。   


Q
アートの営業時間と定休日は?
 A
営業時間:8:30〜18:30
定休日:日曜日・祝日
(ただし、事前にご連絡いただければ、日曜日・祝日の打合せもさせて頂きます。)
フリーダイアル:0120-33-5662 TEL:072-433-1618   >>お問合せはこちら


Q
どこまでの相談なら無料なのでしょうか?設計費はいるの?
 A
現地調査・相談・プラン作成・見積りまで無料です。
必要ならば土地探しのご相談もどうぞ。
当社は、設計から施工までと一貫したスタイルをとっておりますので、
確認申請費用及び、各検査費用のみで設計プラン費は頂いておりません。


Q
資金計画の相談も可能でしょうか?
 A
もちろんです。コストコントロールもとても大切です。
私達は、資金計画の提案も重要な仕事と考えています。家づくりを全て自己資金でまかなう「ケースはごくマレです。資金計画から、現地調査、住宅金融公庫やリフォームローン等の手続きにいたるまでご相談下さい。


Q
アフターサービスや保証はどうなっていますか?
 A


Q
第三者の検査はなぜ必要なのでしょうか?
 A
公正の立場である第三者の厳正な目で診断や解析を行ったほうが、より適切で安心です。
検査に合格するまでは次の工程には進めないので、
手抜きや欠陥工事を防ぐ事ができます。    >>安心保証


Q
見学会や構造見学をしていますか?現場風景など見れますか?
 A
はい。不定期ですが構造見学会・完成見学会を開催いたしております。  >>イベント情報 
ホームページやニュースレター、DM等でお知らせ致します。
連絡くだされば、現在施工中の現場においては随時ご案内できます。ご連絡頂ければ手配致します。
>>メールでのお問合せ  フリーダイアル:0120-33-5662


Q
SE構法のSEは何の意味ですか?
 A
SEとは、S=Safety、E=Engineeringの略です。
つまり、SE構法は「安全で工学的な構法」という意味です。


Q
SE構法は木軸在来工法と、どこが違うのですか?
 A
@構造計算方法が違います。
一般的な木造住宅(在来軸組工法)に関しては、建物の強度を確保するための方法として、構造計算ではなく「壁量規定」と呼ばれる基準に依って建てられているケースが多いのが現状です。一方、SE構法では、家の規模や階数にかかわらず、安全・強さを確認するために、鉄筋コンクリート造や鉄骨造と同じ構造計算方法を立体解析によって行っているのです。

A科学的に証明した構造部材の強度等を根拠とし、構造計算をしていることです。
SE構法では、家の規模や階数にかかわらず、安全・強さを確認するためにチェックポイントを、構造計算によって1つ1つ確かめます。


Q
シックハウス対策をしていますか?
 A
「100年快適住宅」を目標にしている私達は、人の健康を気遣った安心安全な建材、住まい全体で考える低ホルムヒド対策をご提案します。
・水まわり設備、内装材、収納設備、換気設備まで含めて、健康的な住まいづくりをトータルにご提案します。
・SE構法で使用される構造用集成材及び合板は、JAS規格F☆☆☆☆です。


  その他ご質問がございましたらこちらよりお寄せ下さい。


page_top
←戻る ↑ページの上 →ホーム