株式会社アート

0120-33-5662

  • 会社案内
  • 資料請求
安心保証
コストパフォーマンス
家づくりのながれ
参考プラン&価格
長期優良住宅
地震に強い家
大切なパートナー選び
お客様の声
よくあるご質問
お電話でのお問合せ/フリーダイヤル0120-33-5662
資料請求
 





CREATIVE PLANNING ART
………………………………………
株式会社アート
〒597-0083
大阪府貝塚市海塚241-1
TEL.072-433-1618
FAX.072-433-1628
………………………………………
定休日/日・祝日
営業時間/8:30〜18:30
定休日、営業時間外のご相談も事前に連絡下されば可能です。
お気軽にご相談下さい。
 
地元の建築会社より大手のハウスメーカーの方が安心かしら…?
アートは公正な立場である第三者の機関とタイアップし会社の大小に関係なくハウスメーカーにも劣らない保証内容で安心です!【物完成引渡保証・住宅あんしん保証・SE構法住宅性能保証・地盤保証・定期点検 】
ハウスメーカーにも劣らない保証内容で安心をお約束します。
 

地元の建築会社より大手のハウスメーカーの方が安心かしら…?
と思われている方もたくさんいるのではないでしょうか。でも、今はどんな大きな会社でも 安心とは言えない時代です。
だからこそ、アートは公正な立場である第三者の機関とタイアップし会社の大小に関係なくハウスメーカーにも劣らない保証内容などで
お客様に安心をお約束します。
■建物完成引渡保証
■住宅あんしん保証(住宅瑕疵担保責任保険)
■地盤保証
■SE構法住宅性能保証
■定期点検(1.5.10年) ※その他随時対応いたします。
※各保証には建築条件等の条件がありますので詳しくはお問合せ下さい。

保険よくある質問
Q. もし、建築途中で倒産したらどうなるの? 
A. 建築会社のもしもの倒産で工事が続行できなくなった場合でもお施主様にマイホーム完成引渡までを保証する事が出来る「建物完成引渡保証」があれば安心です。
Q. 「いろいろな保険に入ってます」と言われたがよくわからない…。 
A. 保険や保証はいろいろありますが「建物あんしん保証」は重要です。 

欠陥住宅なんて絶対NO!!公正な立場である第三者の厳正な目で診断や解析を行います。
  家づくりスタート→契約→着工→竣工→引渡→引渡10年保証
 
‖地盤保証10年‖ 表面波探査法が地盤調査を変える・・・
地盤調査を依頼すると「地盤改良工事が必要」と判定される事が多くありませんか?
不必要な地盤改良工事は余計なコストにつながります。
表面波探査法は他の調査法に比べ「地盤改良工事が必要」と判定される比率が大幅に少なくなります。
なぜなら表面波探査法は「面的な荷重に対する地盤の強さ」を精度良く計測できるからです。
アートでは、公的認定取得の高精度な表面波探査法を採用してお客様に安心をお届けします。


 表面波探査法の他にはない特徴

■敷地内では5箇所の測定を行います。
■人の勘に頼らない正確な数値。
■「点」ではなく「面」で測定します。
表面波探査式地盤調査

←表面波探査式地盤調査
地面をゆらしてその「ゆれ」の伝わる
速さにより地盤の硬軟を判断します。
データの変化から地層の境界を読み取り
各層に支持力がどれくらいあるのかを判断します。

スウェーデン式サウンディング試験 ←スウェーデン式サウンディング試験
住宅地盤調査として広く行われる方法です。
先端がスクリューになったロッドを回転させながら25cmごとに地面に貫入させ、その回転数により地盤の軟弱を判断します。


■コストを大幅にカット
地盤調査はスウェーデン式サウンディング試験よりも表面波探査法のほうがより詳しく段階的に地盤を判断する事が出来るので、不必要な地盤改良工事がなくなります。(住宅を支える事ができれば改良工事はいらないのです。)
このことからトータルコスト「地盤調査」+「工事費」を大幅に縮減する事につながるのです。 また調査会社と改良工事会社と分ける事でより正確な判断を得る事ができるので安心です。


 地盤保証制度

住宅の着工日からはじまり、住宅を引渡してから10年が経過する日まで保証されます。財団法人 住宅保証機構の「地盤保証制度」体制ですので安心です。



‖住宅あんしん保証(住宅瑕疵担保責任保険)‖
「住宅瑕疵担保責任保険法人」が運営する保険制度で安心です。
住宅が確かな品質であることを確認し保険証券を発行する安心の「証」です。
万が一、住宅のなかでも特に重要な部分である構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に対する10年間の瑕疵担保責任を負っています。
※瑕疵担保責任とは…?
契約の目的物に瑕疵(欠陥)があった場合、これを補修したり、瑕疵によって生じた損害を賠償したりする責任の事を言います。
 


    page_top
←戻る ↑ページの上 →ホーム